保険者シートデータを可視化する

このページでは、介護保険「保険者シート」を可視化するツールを紹介します。

介護保険の「事業成果」「事業実施」「事業費」のつながり(ロジックモデル)を枠組みとし、
地域間比較、時系列比較が可能な形でデータを可視化しています。

地域、人口規模、産業構造、人口高齢化率等の地域特性が同じ地域との比較が簡便にできます。
このツールによって、保険者の「位置」を把握し、進むべき方向性を検討することに役立ちます

データ可視化の枠組み


施策や事業実施における資源投入・活動・結果・成果の因果関係を図式化した論理構造図(ロジックモデル)を活用し、
介護保険の事業費、事業実施、事業成果の関連を図式化したものです。

この事業費、事業実施、事業成果(最終成果、中間成果、初期成果)それぞれを測定する指標を
介護保険「保険者シート」の中から設定し、
枠組みとして、各指標の分布と指標間の関連ごとに可視化ツールを作成しています。

可視化ツール


最終成果

被保険者が、尊厳を保持し、有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができる

中間成果

(被保険者が)有する能力を維持し、活動的で生きがいのある生活を送ることができる
要介護状態になっても、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生最期まで続けることができる

初期成果

住民が介護予防と健康づくりに取り組むことができている
多様な生活支援・介護予防サービスが提供されている
認知症の人と家族への支援が整備されている
在宅医療・介護が円滑に提供されている
地域で継続的な支援体制が整備されてる
住まいが安定的に確保されている

活動・結果

資源投入

その他

可視化ツール共通操作


1) 「都道府県」フィルター

都道府県を選択できます。

2) 市区町村類型/人口規模」フィルター

総務省「市区町村の類似団体(令和元年度)」の区分による、政令指定都市、中核市、特例市、特別区、一般市、町村を選択できます。
さらに、一般市は人口5万人ごとに4分類、町村は人口5千人ごとに5分類の人口規模が選択できます。

3) 「産業構造」フィルター

「市町村類型/人口規模」フィルターの「一般市」「町村」の場合は、産業構造が4分類で選択できます。
産業構造の分類(Ⅰ次・Ⅱ次・Ⅲ次産業の産業別就労人口の構成比)

 分類0: 

一般市の場合 Ⅱ次、Ⅲ次産業95%未満かつⅢ次産業55%未満

町村の場合 Ⅱ次、Ⅲ次産業80%未満

 分類1: 

一般市の場合 Ⅱ次、Ⅲ次産業95%未満かつⅢ次産業55%以上

町村の場合 Ⅱ次、Ⅲ次産業80%以上かつⅢ次産業55%未満

 分類2: 

一般市の場合 Ⅱ次、Ⅲ次産業95%以上かつⅢ次産業65%未満

町村の場合 Ⅱ次、Ⅲ次産業80%以上かつⅢ次産業55%以上

 分類3: 

一般市  Ⅱ次、Ⅲ次産業95%以上かつⅢ次産業65%以上

4) 「高齢化率5分類」フィルター

65歳以上人口の割合を5分類で選択できます。

※「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査(H31.1.1)」に基づく人口により作成しています。

5) 「後期高齢化率5分類」フィルター

75歳以上人口の割合を5分類で選択できます。

※「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査(H31.1.1)」に基づく人口により作成しています。

6) 「85歳以上高齢化率5分類」フィルター

85歳以上人口の割合を5分類で選択できます。

※「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査(H31.1.1)」に基づく人口により作成しています。

7) 市町村、保険者のハイライト

市区町村名、保険者名を入力すると、そのデータがハイライトされます。

可視化ツールグラフ共通構成


1) 赤色点線:全国値もしくは全国平均値を示します。

2) 黒色実線:選択した地域内での平均値を示します。

本ウェブサイトは、令和2年度老人保健健康増進等事業(老人保健事業推進費等補助金)「介護保険制度の実施状況に係る全体像把握のためのツールを活用した分析手法の開発及び活用促進に関する調査研究事業」の一部として作成されています。

Copyright © 介護保険「保険者シート」 2021.