自宅死と老人ホーム死の割合 地域間比較


自宅死と老人ホーム死の割合 地域間比較

自宅死と老人ホーム死の割合の市町村別に比較します。

医療施設ではない「暮らしの場」で人生の最終段階を過ごした人の割合がある程度把握できるため、

中間成果2「医療と介護の両方を必要とする人が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生最後まで続けることができる」を測定する指標の一つとして設定しています。

自宅死の割合、老人ホーム死の割合が高いことが期待されます。

自宅死の割合と老人ホーム死の割合を、棒グラフと散布図で可視化し、地域の特徴を把握することができます。

<操作方法>

1) 「都道府県」フィルター

  都道府県が選択できます。

2) 「市町村類型/人口規模」フィルター

  政令市、中核市、特例市、特別区、一般市(人口5万人ごと4分類)、町村(人口5千人ごと5分類)が選択できます。

3)「産業構造」フィルター

  2)「市町村類型/人口規模」フィルターの一般市、町村のみ、産業構造が0~3分類が選択できます。

4)「高齢化率5分類」フィルター

  65歳以上人口割合によって5分類が選択できます。

5)「後期高齢化率5分類」フィルター

  75歳以上人口割合によって5分類が選択できます。

6)「85歳以上高齢化率5分類」フィルター

  85歳以上人口割合によって5分類が選択できます。

7)保険者検索

  入力した保険者のデータが表示されます。

8)「棒グラフ 自宅死の割合と老人ホーム死の割合」タブ

  棒グラフが表示できます。

9)「散布図 自宅死の割合と老人ホーム死の割合」タブ

  散布図が表示できます。

<ポイント>

  1. 棒グラフによって、自宅死と老人ホーム死を合わせた「暮らしの場」で死亡いた者の割合の位置(ランク)と、その内訳として、自宅死、老人ホーム死のどちらに特徴があるのかを把握できます。

  2. 散布図によって、全国値と選択した地域の平均値によって、地域の特徴を(1)自宅死と老人ホーム死が高い、(2)自宅死のみ高い、(3)老人ホーム死のみ高い、(4)自宅死と老人ホーム死のいずれも低い、の4分類し、自地域と他の選択した地域の特徴が把握できます。

  3. 地域の在宅医療や在宅看取りの体制、居宅サービスの体制、介護施設での看取りの体制、との関連を見て、地域の医療・介護サービス提供体制の在り方を検討します。


<留意点>

  1. 「自宅死」には、異状死も一定数含まれています。必ずしも「自宅で看取られた人数の割合」を示していませんので解釈には注意が必要です。時系列で推移を確認することをお勧めします。

  2. 小規模人口の地域は、1死亡によって割合が大きく変動します。「市町村類型・人口規模」フィルターで、人口が同規模の自治体と比較すること、時系列で推移を確認し、

  3. 死亡場所別の死亡割合は、死亡した時点の場所が把握できます。「医療と介護の両方を必要とする人が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生最後まで続けることができる」の指標としては、死亡した場所に関わらず、「死亡するまでにどれだけ長く暮らしの場で生活を続けられていたか」を測定する指標と測定が望ましいと考えられます。しかし、この指標とデータは入手が難しいのが現状です。介護保険「保険者シート」では、現状で全国市町村のデータが最も簡便に入手できる人口動態統計による自宅死と老人ホーム死の割合を収載しています

<保険者シート収載No.>

  • Ⅱ在宅医療介護推進体制 24.病院・診療所・介護施設の状況

<データの出典>